特集

ANSHI TOUCHの詳しい情報をご紹介

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ANSHI TOUCH
  4. アクティブラーニングする組織はアートシンキングを導入すると始まる働き方改革。

アクティブラーニングする組織はアートシンキングを導入すると始まる働き方改革。

~働き方改革の近道~
2015年頃、ビジネスの効率化という考え方としてデザインシンキングという考え方が日本に入ってきた。

デザインシンキングは、ビジネスサイドの人間にとって、それは新しい考え方で、何かが起こりそうだけれど、よくわからないものとして扱われてきた。それが数年経った今、色々な企業がデザインシンキングのことを学び始め、たくさんの関連セミナーが、今日もどこかで開催されている。


今はもう、デザインシンキングだけをやっている場合ではない。

時代は大きく変化している。

デザインシンキングは、

何かを起こすためのプロセスのうち、途中の一部に対して限定的なパワーしか発揮しない。

デザインシンキングに変わって出てきたのがアートシンキングが注目され始めてる。本屋の平積みコーナーに”アートを学べ”といった本が増えているのは何故か?

アートは足し算、デザインは引き算と言われている。

デザインは必要なものだけを残して削ぎ落していくから必然的に目的に対して効率的に効果を出していく。逆にアートには無駄があり、独創性が出てきます。作者の定義から構築されているが、余白があることで解釈も理解にも幅がある。
それは、VUCA*¹の時代と呼ばれるように目まぐるしく状況が変化して行く中で、アートのように変化の幅を持ちながらも揺るがない定義を持ち合わせていることが評価されているのである。

状況は変わっていくが、変わらない軸(定義)を再確認する必要である

*¹ VUCA…ブーカは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という4つのワードの頭文字から取った言葉。


それでは、下の図で、アートシンキングとデザインシンキング、またクリエイティブシンキングの違いについて理解してみよう。

デザインシンキングとは、
“既に発見された課題に対し、ユーザーの立場に経って原因分析して行く行為”
なのである。

クリエイティブシンキングとは、
実現性や固定観念など全て取っ払った、本当のブレスト
なのである。前提条件を柔軟に捉える能力であり、アートシンキングができる人は、これができる。

アートシンキングとは、課題は何なのか、”問い”から始め、全てのプロセスの一番最初に位置付けられることである。本質的な定義があぶり出されなければ、その後の原因分析が素晴らしくても、効果は半減してしまうのである。


実はアートシンキングをしていくと同時に、物事の捉え方が受け身から能動的になり、自分ごと化していくことで始まってくるのがアクティブラーニングである。今の社会では、年功序列、役職などのルールが若い人を能動的に活動する機会を奪っている。その為にも会社全体で会社の原点を見直し、企業理念、提供できる価値、業務フロー確認、業務改善を行っていくことでよりよいサービス提供につながっている。

アートシンキングが身につくと世界や時代といった大きなことへの洞察が深くなり、よりアクティブラーニングを後押ししてくれる。そして、大は小を兼ねるとはよく言うが、大きなことがわかるようになれば、所属する会社や業務のこと、パートナーのこと、自分のことも、もっと深く理解できるようになる。

ANSHI TOUCHの導入を連動させたコンテンツとして提供を開始いたします。

詳細は株式会社しんかのHPからご確認ください

http://sinca.co.jp/art-thinking/

関連記事

1分でわかるデジタルホワイトボード導入メリット

会議効率化 4台同時ミラーリング

ANSHI TOUCH 初回利用講座 基本編

ANSHI TOUCH 活用講座 ミラーリング編