特集

ANSHI TOUCHの詳しい情報をご紹介

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ANSHI TOUCH
  4. アナログ業界へのICT導入事例【不動産業界編】

アナログ業界へのICT導入事例【不動産業界編】

2020年に向けて学校への導入が進むデジタルホワイトボード


残念ながら社会人生活をしている人には

全くその流れは感じられません

時代は止まったまま…


学生は学校でデジタルホワイトボードで学び、

社会人になったらそこはアナログツールを使っていたなんて

退職の原因『時代遅れの環境』が増えています



今回は紙、FAX、電話営業が根深く残るアナログ業界である
不動産業界へ導入した例を説明していきます

アナログな操作感を残したまま、
働き方をアップデートした事例になっています




営業ツールとしての使い方

テレビ会議アプリZOOMを使って離れた場所に住むお客様と対面で商談しているような形で商談をすることができます。

【特徴】
・お客様はスマホを持っていたら利用できる
・利用者は無料である*有料版もあるが、無料版でもOK
・双方向からの書き込みができるので臨場感がある商談になる
・ニーズを可視化することでより早い結果につながる
・打合せ後、書いた内容をPDFで送付できる

実際に、利用していてお客さんの満足度は高いです


【日常の会議を変えるきっかけ】
また今まで本社集合で行っていた店長会議を移動をせずに
店舗ごとで参加することができます。

数字の進捗共有、プロジェクト進捗、アイデア出し、プレゼンテーションならこのシステムを使って今まで通り臨場感のある会議が実現できます。

(効果)
・参加者の移動時間、交通費が削減できます
⇒移動時間1時間と想定した場合、
『時給1時間+交通費+自由な時間』を生み出すことができます

・時間の制限を外すことができます
不規則な日程で動いている方へ環境整備ができます

・参加人数に制限がなくなります
交通費、移動時間が無くなり、幹部だけでなく、スタッフ全員参加ができるようになります

より自由に働ける環境づくりが大切です

このような環境を作っても大切な話は会って話をしますよね?

だからまず時間の制限を受けない環境を作って、働きやすくしていくことで雇用環境が改善されていきます。

会議の内容によって手段を使い分けて頂くことが重要です

広告としての使い方

時間外、営業中に紙媒体を外に掲示するのではなく、
リアルタイムで書き換えができます。

動画を一緒に流せることで見ている人への広告効果が高いんです

しかも手書き感があり、使い方もわかりやすいです
動画を見て頂ければ私もできると確信を持てると思います

【特徴】
・1ページに画像、動画の貼り付けができる
・レイアウト変更が自由自在
・手書き感覚で書き込みができる
・ペーパーレス化
・4K画質なので鮮明、大画面で見やすい


マルチツールとしてご利用してもらうことで
働き方改革をお手伝いできると思います

また何よりも会社として時代への変化に応えていく姿勢を
表現していくには導入しやすいICTツールです


弊社ではデジタルホワイトボード導入サポートをしております

新卒からご高齢の方までが使いやすいWindows10仕様で
わからないから使えないがないを目指しております

使い方導入サポート体制

御社の使い方に合わせて、使い方を提案しております。



ご興味がある方
ZOOMミーティングの日程を入れてお問合せください

お問い合わせ・資料請求
まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

1分でわかるデジタルホワイトボード導入メリット

会議効率化 4台同時ミラーリング

ANSHI TOUCH 初回利用講座 基本編

ANSHI TOUCH 活用講座 ミラーリング編