特集

ANSHI TOUCHの詳しい情報をご紹介

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ANSHI TOUCH
  4. 世界で選ばれているデジタルホワイトボード比較

世界で選ばれているデジタルホワイトボード比較

googleのjamboard、 microsoftのsurface hub、シャープ、RICOH、UCHIDAが日本では有名ですが、弊社がオススメするANSHI TOUCHも含めて利用した感想をレビューしてみたいと思います。




世界で選ばれているデジタルホワイトボード比較

【JAMBOARD】google
GOOGLEのJAM BOARDは操作の遊び心は一番です。消した時の消しカス出たり、絵心のない人のために絵を当ててくれて、それをみんながわかる形にしてくれます。
気になるのは常にアップロードされているのはいいのですが、ネットがないと変換すらしてくれません。またGOOGLEサービスしか利用できず、ホワイトボード機能とカメラ内蔵でTV会議機能のみ。
TV会議特化型の商品で、注意点は相手がgoogle使っていないとアカウント作成から始まります。
遊び心 ★★★★★
使い勝手★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆


【SURFACE HUB】microsoft
ホワイトボード機能とWEB検索でシンプル仕様のために画面は両方の機能を利用する2分割か、1画面。カメラ内蔵でTV会議もできる仕様。 気になるのはmicrosoft製なのに搭載されているOSがmicrosoft teamなので、通常のPCなどに採用されているOSではありません。そのために通常のPCで動くソフトが動かないことがあります。意外と盲点。2019夏以降のニューモデル販売のために、現在販売しておりません。
遊び心 ★☆☆☆☆
使い勝手★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆

【RICOH】
RICOHはホワイトボード機能とWEB検索が主な機能。ホワイトボード機能では細かい線で設計図に書き込みができたり、CADデータに上書きしたりと繊細な仕様。少し気になるのはモニターとPC外付けで成り立っているので、外付けPCによってスペックの依存があり、ボタンが小さく、色々できるからこそ使いこなすのに時間がかかりそうです。
TV会議のシステムは独自の製品で、他社製品の場合、TV会議ができないことがあります。また初期導入、ライセンス費用が気になるところです。
遊び心 ★☆☆☆☆
使い勝手★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆

【BIG PAD】SHARP
SHARPは外付けPCがないと何もできません。少し反応スピードが遅い感覚です。説明してくれる方も自信がなく、残念ながら少し遅れ気味な感じがします。
BIG PADを販売期間は長いのですが、導入された企業では使いこなされていないようです。
遊び心 ★☆☆☆☆
使い勝手 ★☆☆☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆

【SMART BOARD】UCHIDA
比較的わかりやすいメニューでスクリーン、ホワイトボードをデジタル化するために適した商品です。スマートボードはAndroidosのみの対応です。そのためAPKファイル以外はNGで、会議での活用用途が限られます。
遊び心  ★★☆☆☆
使い勝手 ★★☆☆☆
汎用性  ★☆☆☆☆




【ANSHI TOUCH】ANSHI JAPAN
PCと同じWindow10仕様でわかりやすい操作方法に困ることもなく、2つのOSが搭載しているので汎用性が高い。iOSのデバイスをミラーリングで双方向で利用できる希少なデジタルホワイトボード。他の製品はOSが少し違うようで操作確認が必要ですが、こちらはWindow10で動くものは基本動きます。
特徴は他社製品とでも、Windows10で動くソフトの汎用性が高いので、zoom、skype、blue jeans、WebEXとの相性が良いようです。

またテレビ会議でも他社製品との相性と汎用性が高く、御社が今持っているものをそのまま使える可能性が高い製品になっております。

ちなみに日本発ベンチャー企業で、顧客へのコストパフォーマンスを上げるためにスモールチームで運営しております。
遊び心 ★★☆☆☆
使い勝手★★★★★
汎用性 ★★★★★


ANSHI TOUCHをオススメしています。
理由はwindows10,android搭載、iOSもミラーリング対応していて、汎用性が高い。

PCに搭載されているWindows10が採用されているので、細かい設定も、セキュリティー設定もできます。

これをプラットホームとして色々なアプリケーションを導入していくことができます。

自社のアプリケーションも実験なくサクサク動くのはANSHI TOUCHだけ。


またどんなにかっこよくても必要なものが選べる汎用性がないと、

ネットサービスの進化は著しい中で

数年後にはサービスの切り替えができずに

使い勝手の悪い立ち位置にいる可能性があります。

選べる自由があるのはANSHI TOUCH

使いこなすなら

汎用性の高い商品をオススメします

不明な点、確認したい方はお問合せフォームからご連絡ください。
実際に購入頂いている方は渋谷のショールームに来て触って即決されていますので世界のディズニーやロレアルで導入されたANSHI TOUCHを試しに来てください

世界で選ばれているANSHI TOUCH 商品詳細のご案内

ANSHI TOUCH (アンシータッチ)商品詳細


弊社では特別なフォローアップ制度をご用意しております

意外と使いこなせないという会社のために
アフターフォロー研修をご用意しております


どんなにわかりやすい、簡単と言われても

ある企業の商品では
導入研修で1000万以上かけてコンサルを入れております

ANSHI TOUCHは
簡単に使える商品なので誰でも使えるようになります。
導入研修を入れて頂ければ業務効率アップに繋がります。

今まで他社製品を購入して使いこなせなかった方も
ANSHI TOUCHなら使えるようになります

アフターフォロー研修の内容

他社製品から切り替えを検討頂ける方には
無料引き取りサービスも行っております。

気軽にお問合せください。


【ご好評いただいている商品比較の一覧表プレゼント!】
ANSHI TOUCH体験会にご参加いただいた方のみ
他社商品との仕様、価格などをまとめた比較表をご用意しております。

全ての商品を触らずに判断することに繋がっております。

御社にとって使い勝手のいい商品をお選び頂く機会を提供しております。

気軽に渋谷ショールームで体験会をお試しください。

お問い合わせ・資料請求
まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

1分でわかるデジタルホワイトボード導入メリット

会議効率化 4台同時ミラーリング

ANSHI TOUCH 初回利用講座 基本編

ANSHI TOUCH 活用講座 ミラーリング編