働き方改革のカギはコミュニケーションのあり方

従来の会議は

大勢が参加するスタイルの会議から

少人数のミーティングまで

事前に日程が決まっていて参加者が場所に集まる

という形が多くありました

今はそれが少しずつ変わってきています

働き方改革のカギは会議スタイルの変化

従来の会議は、大勢が参加するスタイルの会議から、少人数のミーティングまで、事前に日程が決まっていて参加者が場所に集まるという形が多くありました。

最近では企業の垣根を越えて、企業間のコラボレーションの重要性が高まっています。打合せをしたいメンバーがどこにいても、スピーディに情報共有と意思決定をするコミュニケーションスタイルが増えています。

部屋に集まって長時間会議をするだけではなく、オープンスペースでちょっとした打ち合わせを頻繁に行うというスタイルがコミュニケーションの質を高めています。

~日本人の教育の特徴を理解すること~
日本人は自分の意見を発言するということが得意ではない方が多くいます。
そのために個人の業務効率化にフォーカスして会議の回数を極端に減らすよりも効率的にコミュニケーションを取っていく仕組みが必要です。

コミュニケーションの効率化という視点で業務を改善していくと今までよりも効率化が進むでしょう。

SNSの活用も増えて、いつでもどこでもコミュニケーションが取れるようになっていますが、文字だけでは伝わらない部分が浮き彫りになっています。

働く環境の中でスピーディに情報共有と意思決定をできるツールの導入が進んでいます。

その多くのツールをまとめるプラットホームになれるのが
汎用性のあるインタラクティブホワイトボードANSHI TOUCHです

ANSHI TOUCH導入のご提案

商品の詳細、どのような形で利用を考えているかご相談いただければ
専用アプリだけではなく、提携先の各種ツールの組み合わせで
問題解決の提案もさせて頂いております

汎用性が高いANSHI TOUCHだからできる活用があります

ANSHI TOUCHを使った働き方改革コンテンツもご用意しております

デザインシンキング、アートシンキングを使った働き方改革コンサルティングも行っております。単にツールを導入するだけでなく、あり方を変えるを一緒に導入することで新しいやり方が浸透していくスピードが上がり、アクティブラーニングできるような組織になっていきます。

アクティブラーニングな組織はアートシンキングを導入している理由

お問い合わせ・資料請求
まずはお気軽にお問い合わせください。