特集

世界で選ばれた働き方を実現するきっかけ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ANSHI TOUCH活用事例
  4. 世界で選ばれている電子ホワイトボード比較&体験レビュー

世界で選ばれている電子ホワイトボード比較&体験レビュー

世界で導入が進む電子ホワイトボード

googleのjamboard、 microsoftのsurface hub、シャープ、RICOH、UCHIDAなどを利用した感想をレビューしていきます。

世界で選ばれているデジタルホワイトボード比較

【ANSHI TOUCH】ANSHI JAPAN

世界で3500台販売した№1の実力


親しみ慣れたWindows10仕様のタッチパネル操作ができます。
他社製品とのコラボ、専用アプリが充実しているデジタルホワイトボード。

選ばれている3つの商品特徴

①商品特徴(Windows10仕様)

大型モニターのタッチパネル式のPCだと理解頂けるとわかりやすいです。
Window10仕様なのでインターフェイスが使いやすい商品。
他の製品はOSが少し違い、使いたいものが使えるか操作確認が必要です。
AnshiTOUCHはPCと同じWindow10 OSです。
PCで動くものは動く汎用性の高さが特徴。
自社で使っているソフトもご利用ができます。

②商品特徴(専用アプリが使いやすい)


すぐに使える専用アプリが入っています。
ホワイトボードアプリ、ミラーリングアプリが搭載されています。

(ホワイトボードアプリ note)
デジタルホワイトボードアプリでは最大99ページまで書き込みができます。
PDFデータ、写真の取り込みができ、書き込みができます。
打合せ後にPDFでの保存ができます。
WEB会議での共有により打合せのホワイトボードをアップデートできます。

(ミラーリングアプリ Screen Share Pro)
ミラーリングはwindows、mac、android、iOSが同時に表示できます。
windows、macのPCからは双方から操作ができます。
4台同時に、ワイヤレス接続できるので大変便利です。

ちなみに日本発ベンチャー企業で、世界基準の働き方を提供するために世界で実績を作って日本への販売を2018年12月から行っております。

圧倒的なコストパフォーマンスの良さが世界でも選ばれています。

③商品特徴(WEB会議アプリ汎用性)

TV会議用の他社製品との相性、汎用性が高く、御社が今持っているものをそのまま使える可能性が高い製品になっております。

zoom、skype、teams、hang out、blue jeans、WebEXとの相性が良い

世界での販売実績が豊富!

世界の大企業、公共施設、教育機関で導入が進んでいて、選ばれている理由は他社の商品と使い比べて使いやすさです。

使い比べて結果的に選ばれているのは
コストパフォーマンスと圧倒的に使い勝手の良い商品です。

使えないアプリがない商品の方がいいですよね?

遊び心 ★★☆☆☆
使い勝手★★★★★
汎用性 ★★★★★

(注意)
リモートワーク導入で、問い合わせが増えております。
急いでいる方はまずはご相談をお願いしております。

ZOOMでのリモート利用が増えています

世界で選ばれた結果に起きていること

他社製品との比較でANSHItouchと出会ってせっかくデモまで行ったのに、
前年ながら他社商品を購入させることがあります。
こればっかりはしょうがないですよね。

でももっと残念なのは他社商品を購入後に使ってみた後に
結局、他社からの買い替えも増えております。
他社さん導入して困ったことがあればまたご相談ください。

これだけ多くの情報を公開している商品はありませんから
これを見たらANSHItouchがいいと理解頂いた企業には
5台以上の納品を検討頂けるようでしたら特別価格でご提供いたします。

皆さんの働き方を変えて、生産性を上げたいから
この世界で選ばれたANSHItouchを届けていきたい。


他社のインタラクティブホワイトボード

【JAMBOARD】google

操作の遊び心は一番!

GOOGLEのJAM BOARDは操作の遊び心は一番です。消した時の消しカス出たり、絵心のない人のために絵を当ててくれて、それをみんながわかる形にしてくれます。

気になるのは常にアップロードされているのはいいのですが、ネットがないと変換すらしてくれません。またGOOGLEサービスしか利用できず、ホワイトボード機能とカメラ内蔵でTV会議機能のみ。

TV会議特化型の商品で、HANG OUTしか使えません。
注意点は相手がgoogle使っていないとアカウント作成から始まります。

遊び心 ★★★★★
使い勝手★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆


【SURFACE HUB】microsoft

ホワイトボード機能とWEB検索でシンプル仕様

ホワイトボード機能とWEB検索でシンプル仕様 のために画面は両方の機能を利用する2分割か、1画面。カメラ内蔵でTV会議もできる仕様。

気になるのはmicrosoft製なのに搭載されているOSがmicrosoft teamなので、通常のPCなどに採用されているOSではありません。そのために通常のPCで動くソフトが動かないことがあります。

意外と盲点。2019夏以降のニューモデル販売のために、現在販売しておりません。

遊び心 ★☆☆☆☆
使い勝手★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆

【interactive whiteboard】RICOH

創造性あふれる働き方のデジタルホワイトボード

ホワイトボード機能では細かい線で設計図に書き込みができたり、CADデータに上書きしたりと繊細な仕様。

32インチ、55インチ、65インチ、86インチという展開が特徴です。

離れた場所との打合せ、図面への書き込みを想定したデジタルホワイトボード。
細かい図面、CADなどへの書き込みが気軽にできるのが大きな特徴。
モニターとPC外付けで成り立っているので、外付けPCによってスペックの依存があり、ボタンが小さく、色々できるからこそ使いこなすのに時間がかかりそうです。
TV会議のシステムは独自の製品で、他社製品の場合、TV会議ができないことがあります。また初期導入、ライセンス費用が気になるところです。
遊び心 ★☆☆☆☆
使い勝手★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆

【BIG PAD】SHARP

好きな場所で好きな形で利用できます。

商品ラインナップが豊富です。高いのから安いのまで勢ぞろい!
SHARPは外付けPCがないと何もできません。

少し反応スピードが遅い感覚です。デモで説明してくれる方も自信がなく、残念ながら少し遅れ気味な感じがしました。

BIG PADを販売期間は長いのですが、日本での導入台数は多いですが、導入された企業では使いこなされていないようです。
遊び心 ★☆☆☆☆
使い勝手 ★☆☆☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆


タッチディスプレイPN- CD701 by SHARP

【2020年02月 最新商品レビュー】

『Windows collaboration display』の認証商品

業界初
マイクロソフト社『Windows collaboration display』認証を取得した商品。

Windows 10 搭載パソコンと接続してマイクロソフト社のクラウドサービス『Office 365』と簡単連携という仕様。

Windows collaboration displayという世界で一番乗りのコラボ商品。大変厳しいMicrosoft社の基準を満たした唯一の商品(2020年1月現在)

実際に使って、唯一のレビューです。

コンセプトは誰もがわかりやすく使えるかという点でBIG PADのノウハウを生かして改良されています。その為に使い方はシンプルに1つだけです。

気になるところは特徴であるoffice365の連携も接続するPCのスペックに依存します。SHARPの商品特徴で気をつけないといけないのは、本体にはOSも何も積んでいません。コラボしても商品単体では何もできないということが説明されないのでご注意ください。

SHARPが提案する各自のPCをCケーブル接続がしたい方には最高の商品です。
遊び心 ☆☆☆☆☆
使い勝手 ★★★☆☆
汎用性 ★☆☆☆☆


【SMART BOARD】UCHIDA

比較的わかりやすいメニューでスクリーン、ホワイトボードをデジタル化するために適した商品。


スマートボードはAndroidosのみの対応です。そのためAPKファイル以外はNGで、会議での活用用途が限られます。
遊び心  ★★☆☆☆
使い勝手 ★★☆☆☆
汎用性  ★☆☆☆☆

 

 

 

この商品が世界で選ばれています

世界で圧倒的に選ばれている理由は2つ。

1、他社製品との汎用性が高い
Window10、android、iOS、Macと各種対応

2、スペックとコストのパフォーマンスが高い



PCに搭載されているWindows10が採用されているので、細かい設定も、セキュリティー設定もできます。

これをプラットホームとして色々なアプリケーションを導入していくことができます。

自社のアプリケーションも実験なくサクサク動くのはANSHI TOUCHだけ。


何ができるかではなく、何をしたいかを実現できるツール。

次世代タッチパネルPCが1分でわかる動画

世界での導入実績

導入企業を一部ご紹介します。
Dior, LOREAL, ESTEE LAUDER, Canon, maxell, Disneyland,
清水建設、佐藤工業、共立建設、サイバーエイジェント、
Lenovo、豊島, NTTデータなどが導入頂いております。

世界で選ばれているANSHI TOUCH 商品詳細のご案内

インタラクティブホワイトボード業界を牽引する存在
ANSHI touchの詳細資料をお配りしております

ANSHI TOUCH詳細資料ダウンロード

世界で選ばれている理由も含めてわかる資料になっております。

下記よりダウンロードください

色々な企業での導入事例をご紹介しております


インタラクティブホワイトボード活用事例

デジタル化の提案、活用事例資料

下記よりダウンロードください

特別なフォローアップ制度


弊社では特別なフォローアップ制度をご用意しております

導入しても意外と使いこなせないという会社のために
アフターフォロー研修をご用意しております


どんなにわかりやすい、簡単と言われても

ある企業の商品では
導入研修で1000万以上かけてコンサルを入れております
それでも一部しか使えないんです。

ANSHI TOUCHは
簡単に使える商品なので誰でも使えるようになります。
導入研修を入れて頂ければ業務効率アップに繋がります。

今まで他社製品を購入して使いこなせなかった方も
ANSHI TOUCHなら使えるようになります

アフターフォロー研修の内容

他社製品から切り替えを検討頂ける方には
無料引き取りサービスも行っております。

気軽にお問合せください。

ツール活用提案無料開催中

実際に買ったけど、どのように使ったらいいのかわからない

というのが担当者の本音です。

使い方に合わせたデジタルホワイトボード活用方法のご提案しております。

ホワイトボードに書いてある予定を、事務員がエクセルで更新して共有しているという会社さんからのお問合せを頂きました。

ホワイトボードをExcelとデジタルホワイトボードを活用してデジタル化できる方法をYOUTUBEにしてお送りいたします。


【好評!商品比較一覧表プレゼント】


ANSHI TOUCH体験会にご参加いただいた方のみ
他社商品仕様、価格などをまとめた比較表をご用意してます。

全ての商品を触らなくても
御社の使い方に合った商品を見つけることができます。

気軽に渋谷ショールームで体験会をお試しください。

テレワークで使えるデジタルボードとして活用されています

関連記事