オンライン環境づくり~リモートワークのためにホワイトボードを電子化すると変わること~

目次

テレワーク・TV会議効率化させるヒント

いつものTV会議を充実させたいなら
ホワイトボードとマーカーをデジタル化してみませんか?

インタラクティブホワイトボードには4つの機能一体型
「タッチスクリーン+PC+モニター+スピーカー」

インタラクティブホワイトボード1台にすることで3つの見直し

1、すべての機能を1つにまとめることができます

購入コスト100万円もお得に!
月額のランニングコストも削減
各機器の保守、消耗品代がコスト削減できる

ホワイトボード1.5万円 プロジェクター15万円*EB-960W TV会議システム 60万円*某製品25ライセンス5万円/月より抜粋 モニター55インチ25万円 *同等4K画質のTV 複合機60万円*ペパーレス想定 PC機能8万円*同等PC想定

2、会議効率化

アナログからデジタルへ移行することができます

専用アプリでミラーリング、ホワイトボードが利用できます
直感的な進行を進めることができると同時にぺパーレスになっていきます
打合せした内容はホワイトボードアプリでPDFに保存して
参加者に一斉送信することで次の仕事にとりかかることができます

3、付属していない機能は追加して利用することができる

Windows10、android、Macまで利用できる汎用性の高さ!

マルチOS対応で、PCで動くものはほぼ動きます。
スクリーンにPC一体型でタッチスクリーンで操作ができます。
足りない機能はスマートフォンのように好きなアプリをダウンロードして
カスタマイズができる仕様が特徴です*¹
例えば、TV会議をskype、ZOOMのアプロをダウンロードして
4K画質の大画面で近くにいるような感覚で打合せができます。

また自分の感覚を伝えるために携帯にある写真を画面に映して、直接その画像に直接書き込みができ、言葉では伝えきれない視覚的なニュアンスを共有することができる場になります

インタラクティブホワイトにまとめることできることは3つ

1、ミーティング

*イメージ画像の共有、直接書き込みを行うことができるので感覚的な意見交換ができます

2、テレビ会議

テレワーク・リモートワークに欠かせないツール
*ZOOMなどの無料アプリを使って大画面で300名までのTV会議が可能。

3、コミュニケーションに集中できる

*デジタルホワイトボードで議事録データを情報共有することでペパーレス!



ホワイトボードをデジタル化するならANSHI TOUCH

ANSHI TOUCHの使い方がわかる動画

ペンなしでもOK!インタラクティブな操作感

働き方改革は会議室のあり方を変える?いつもの会議がスムーズで、便利すぎる!世界の企業が選ぶスマートホワイトボードANSHI TOUCH – YouTube

Windows,MacでもPCに入っているソフトを画面共有して
そのまま双方向からソフトが操作できるのはANSHI TOUCHの特徴
*ミラーリングをした場合、画像を転送しかできない場合が多いです。

オフラインとオンライン、双方向でホワイトボードに書き込み 
NOTEアプリ×ZOOM

会議が行われている現場のオフライン現場と、オンラインで参加されている方が同じ空間にいるかのように対応できる動画をご用意いたしました。

環境はWEB会議のシステム環境に大きく依存します。
双方向でスムーズに反応するかはネットワーク環境とデバイスの性能に影響を受けます。

会議参加者のPC画面をANSHIに共有して、オンライン参加者にも共有する

ミラーリングアプリE-SHAREを利用して、会議参加者の画面をANSHIに共有ができます。
特徴はwindows,android,mac,iphoneのデバイスでアプリをダウンロード頂ければ共有できます。
共有台数は無制限です。

そのミラーリング画面をWEB会議の画面共有で共有することで画面共有することができます。

WEB会議システムに依存するのですが、
権限譲渡されたらE-SHAREで表示された画面側をオンラインで参加しているデバイスから操作することができます。

~こんなシーンにハイテクホワイトボードを導入すると効果的~


・1台で色々なことができるように完結したい
⇒会議室にこれ一台あればあとは何も必要ありません

・2名以上で相互間でのやりとりがある打合せ
⇒ブレストミーティングなどの相互間的な意見交換の場で
直感的に出てくる意見を止めることなく共有ができます
時間差のあるTV会議のイライラを解決されます
*議事録を音声入力できないか検討中。

・商品の性能アップデート買い換え
映像の画質の悪さで相手の表情がわからない、
記載した文字のにじみ、時差のある表示などのストレスの原因を解決します


今までのTV会議では

相手の解像度が低くて、通信時差があり、ストレス!
またTV会議のシステムの汎用性がない

結果的に、TV会議なのに画像をオフにして
音声会議になるという結論になっている実例を聞きます


これからのTV会議では

解像度は4K画質、スピードの時差はなくてスムーズに反応して、
タッチパネルでストレスない使い勝手で評判です

働き方が多様化していく中で
色々な場所にこのインタラクティブホワイトが導入され始めています

最大500名まで参加できるZOOMの利用例

*¹ インタラクティブホワイトボード ANSHI TOUCHの特徴はライセンス制度に縛られず、お使いのパソコンのようにご自身の使い勝手に合わせたアプリ導入しながらご利用頂けます

【活用事例】TV会議を通じて離れたお客様と商談してみよう!

ANSHI TOUCHの魅力を最大限生かす使い方

渋谷ショールームの詳細はこちら

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる