特集

ANSHI TOUCHの詳しい情報をご紹介

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ANSHI TOUCH
  4. なかなか教えてくれない!インタラクティブホワイトボードのタッチパネルの方式と特徴

なかなか教えてくれない!インタラクティブホワイトボードのタッチパネルの方式と特徴

インタラクティブホワイトボードの操作には
多くの機械がタッチパネル方式を採用しております。

そのタッチパネル方式については大きく4つの方式があります

1、超音波表面弾性波方式(インテリタッチ)
2、5線式抵抗膜方式(アキュタッチ)
3、赤外線走査方式
4、投影型静電容量方式(タッチプロ)

比較項目としては
タッチ耐久性、耐傷性、光透過率、応答速度、対応サイズ、使用動作温度、ドリフト(位置ずれ)、Z軸入力、タッチ点数、表示画像品質、防塵/防水性、半野外使用、入力方法、短所、主な用途

ANSHI TOUCHインタラクティブホワイトボードは赤外線走査方式を採用。
特徴は非常にきれいで反応速度が高い上で耐久性の高い方式です。

弱点は半野外での利用が難しいと言われておりますが、

デジタルホワイトボードは野外では使いませんし、
野外でも特に問題なく利用ができております。

買い替えを検討する方は
圧倒的に見えにくいプロジェクターを利用している方が多いです。

見えにくいプロジェクターが見やすくなって
画面をタッチパネルで操作できると便利です!

関連記事

1分でわかるデジタルホワイトボード導入メリット

会議効率化 4台同時ミラーリング

ANSHI TOUCH 初回利用講座 基本編

ANSHI TOUCH 活用講座 ミラーリング編